社員教育を行う者の心構えについて!

今の子に社員教育していくには

会社にとって優秀な人材を育てる事は不可欠。しかし人に何かを教える事は大変難しい。
特にまだ信頼関係をしっかり作れていない新入社員相手だと教える側との年齢差もあり一筋縄で行かない事も。そもそも今まで学生だった新入社員からすれば数年の年の差でも大きいもの。教える側と年齢が離れれば離れる程壁を感じてしまいます。
一昔前は頭ごなしに怒られる事も、理不尽な理屈で無理矢理納得させるなんて教育方法がまかり通っていましたが、今の時代にそれは通じません。
新人の社員教育にはまずこちらから相手を理解する姿勢を示す事が大切です。出来なかった時に怒るだけでは相手は萎縮してしまいます。最初は日常生活からその人の性格や考え方を把握し、1人1人に合った丁寧な教育が今の社員教育には必要なのです。

変化していく社員教育

また若い世代に曖昧な教えは通じません。ニュアンスや感覚を理解しろと言っても今の新人社員はなんでも正しい情報をすぐ検索できる時代に生まれ育っているのであやふやな事を言っていても伝わらないのです。
しっかり道筋を立てて1つ1つ教えて行く。「先輩の仕事を見て覚えろ」と育てられた世代には少々面倒くさいと感じるような事も丁寧に説明してあげる必要があるのです。
1度教えた事も理解するまで繰り返し伝え続ける忍耐も必要です。正しい事を毎回同じように出来るまで伝える。これが今の社員教育では必須なのです。
そうして少しずつ成長して行く社員がやがて自分や会社の力になってくれるのです。社員教育も時代に合わせて多様化している現代。教える側の意識も変えて行かなければなりません。