社員教育後の社員へのフォローについて!

フォローは必ずすべき

社員研修をすることは大事ですが、そのあとのフォローも大事になります。社員研修を受けただけでは、実践できない人も多いからです。研修が終わった途端に内容を忘れてしまうという人もいるでしょう。そんな人たちのために研修が終わったら、フォローアップセミナーなどを開催すると効率的に復習することができます。研修で学んだことをどのように実践しているかや、成果がどのように上がったかなどを社員同士で話し合ってもらいます。そこで新たな気付きがあるものです。言われて気づくことや、知らないうちに実践できていたことなども分かるかもしれません。何もしていなかった人がフォローで学んだことにより、研修内容を実生活に適用させるきっかけにすることも多いです。

フォローの仕方は色々ある

フォローをした方がいいのは間違いないですが、やり方は色々な方法があります。セミナー形式、個別面談、書面での提出などです。せっかく経費と時間をかけて社員研修をしたのですから、フォローにも時間をかけるといいでしょう。社員研修を受けた人で話し合うという方法はおすすめです。研修の実践の仕方をお互いに学ぶ機会になるからです。研修で学んだことを現実に当てはめるには、応用力が必要になるかもしれません。フォローがあれば、実践できていない人は実践できている人から学べます。実践できている人達は他の人の方法を見ることで、さらにいい応用の仕方を思い付くかもしれませんフォローがなければ、自分だけの実践の仕方で終わってしまう可能性もあるのです。