社員教育の気になるお金(費用)に関して!

社員研修をおこなうこと

終身雇用制や年功序列制といった高度成長期の日本を支えた制度は徐々に姿を消し始めていて、最近では欧米的な実力主義が一般的になっています。そのため自分の実力を高く評価してくれる企業や自分がやりたいことができる企業に転職する社員が多くなっています。このような働き方を背景に、企業も社員教育に対して多くのお金を掛けなくなっています。折角、研修や教育をして社員を育てたとしても転職されては企業にとっては損失になるため、わざわざお金を掛けなくてもいいと感じる企業もあります。しかしながら、それでも社員を育てたり、昇任・昇格者に対して管理職研修を実施したりと企業が成長してくために実施しなければならない研修は実施しています。

研修費用を安く抑える方法

社員に対する研修費は抑えたいと考える企業が多い中で、その研修もやり方によっては経費を抑える方法はいくつかあります。社員ひとりにパソコンが一台支給されることが当たり前の昨今、eラーニングという方法で研修をおこなう企業もあります。パソコンを使用して、自分の空いた時間で自分のペースでできる研修です。繰り返しビデオやスライドで勉強ができて、最後にはテスト等で知識を確認したりできる方法で費用も安く抑えることができます。また実際に一か所に集まって実施する研修であっても、参加する社員ひとりに対していくら、という料金設定より、何人の社員が参加してもコースとして設定されている研修もあり、例えば半日10万円という研修があった場合には参加する社員数が多くなればなるほど社員一人当たりに対してかかる経費は安くなります。